包茎は早期に改善しましょう!包茎事情特集-recoverchatdata

- 復帰する事もあるのです


復帰する事もあるのです

仮性包茎の中の一つである、カントン包茎を仮性包茎と認識して、その皮を剥がしたりして、その包皮が溝を締め付けて、そのまま復帰しない事が出てくるのです。
治療のために、医師が皮を剥がしたり、幼い時にむいたり時に、不潔のままにしておくと、カントン包茎になる事があるのです。
締め付けられている事から亀頭に血がのぼってしまっているので、さらに元に戻らない状態になってしまいます。
亀頭の下部が輪のように貼れてくる事もあります。
そうなると痛みも出てきて、それが進行していくのです。
またその後、陰茎に対しての血流も悪くなり、その組織が破壊されしまう事もあるのです。
カントン包茎と思ったら、早めの治療が大切になってくるのです。
しかし、仮性包茎の治療のために、皮をむこうとしているので、早期に気が付いてむく事と、あとは清潔にしていれば、仮性復帰する事もあるのです。
その状態にもよってきますが、そのようであれば、手術をしなくて自然治癒されてくるのです。
たいていの方が練習にって、仮性と復帰しています。
最初はどの程度進んでいるのか、まずは専門医に診察してもらいましょう。
一般に手術が必要と言われているカントン包茎は、必ずそうとは言えないのです。
しかし早期に発見して、清潔な環境と練習を伴えば、復帰する事もあるのです。
専門医によっては、飲み薬または塗り薬による対応もあるかもしれません。

関連記事:


Copyright(C)2014 包茎は早期に改善しましょう!包茎事情特集-recoverchatdata All Rights Reserved.