包茎は早期に改善しましょう!包茎事情特集-recoverchatdata

- また亀頭が死んでしまう事もあるのです


また亀頭が死んでしまう事もあるのです

カントン包茎(嵌頓包茎)というのは、もともと真性である男性の陰茎から、無理な亀頭露出が原因となって起きる、一過性の症状のことを言います。
仮性包茎は、いつも亀頭を包み込んでいる包皮は、勃起時には普通に離れたり、また自ら包皮を寄せる事ができるので、必要があれば、亀頭を出す事が可能なのです。
しかし、真性包茎は、普通に出たりするように、手を使用してむくことができる包皮などではなく、亀頭が露出してこない程度に包皮が付いている、あるいは亀頭の
先にある包皮の先端(包皮口)の広さが狭いがために、勃起時の時も亀頭を出す事ができないのです。
カントン包茎というのは、この真性包茎の状態の陰茎と違って、無理に包皮を出す事によって、狭くなった包皮口から、亀頭が無理をして出た状態の事をいいます。
これは小さい包皮口によって、勃起状態の亀頭を締める事になり、その結果、血行が悪くなるのです。
血行が悪くなると血行障害を生じ、その結果亀頭が腫れたり、また亀頭が死んでしまう事もあるのです。
もしカントン包茎になった場合、自らの力で復活するのは難しいため、至急専門医の診察が必要になってきます。
癌性露出不可能な幅の所から無理に亀頭を露出していないので、自らの手では復活させる事が難しい時もあり、この場合、包皮切開の手術をする時もあるのです。
こういう「真性包茎からの無理による亀頭露出」という行為から発生するカントン包茎というのは、真性包茎の陰茎を持っている本人だけではなく、包茎の子供を
心配している家族によって、無理にその行為がされた時に発症する事もあるのです。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »


Copyright(C)2014 包茎は早期に改善しましょう!包茎事情特集-recoverchatdata All Rights Reserved.