包茎は早期に改善しましょう!包茎事情特集-recoverchatdata

- 仕上がりも綺麗になってきました


仕上がりも綺麗になってきました

包茎手術にもいろいろとその方法が存在しますが、真性包茎というのは、包皮を切除するしか、そのやり方はありません。
他にも手術のやり方は存在するのかもしれませんが、今回は普通の亀頭直下埋没法のやり方を見てみたいと思います。
最初に包皮口を切除する事が必要なのです。
これは病院によって違ってきますが、電気メス等を利用して、その方の勃起の症状に合わせて手術をするのです。
そして亀頭についている場合には、それを取り除いてやります。
また余計な包皮を取ってやり、あとは傷口が分からないように縫っていきます。
前は傷口が目だったりするような手術が多かったのですが、現在は、仕上がりも綺麗になってきました。ですのでそう心配はいらないかと思います。
そして、手術は部分麻酔によってするのですが、痛みはないという事です。
麻酔の効果は数時間程度ですが、それが切れた時の痛みもないという事なのです。
しかし、この亀頭直下埋没法というのは、たまに合併症が起こり、出血する時もあります。また包皮の過剰な切除や、切り取りがとても短い等の危険もあるのです。
とても繊細な個所なので、抜糸の直前に切れたりという事もあるようです。
そのような場合は、無料の再手術がありますが、皮の切り過ぎによる症状は、再手術によりよくなったケースはあまりないようです。
皮の過剰切除は勃起の時に張ったりして、セックスがあまりできない、また痛み出てくるなどの後遺症もある事があるようです。
そのような失敗例は最近は減少していますが、そのようにならないためにも、病院の選択は慎重にして下さい。

関連記事:


Copyright(C)2014 包茎は早期に改善しましょう!包茎事情特集-recoverchatdata All Rights Reserved.